あめまにゅクリスタ講座マニュアル

あめまにゅ~クリスタ漫画制作マニュアル的なもの~

クリスタの使い方や漫画の描き方をまとめたブログ

絵の練習方法その②

スポンサーリンク

今回も自分がしている絵の練習方法を紹介します。

 

ポーズマニアックスというサイトの30秒ドローイングです。

www.posemaniacs.com

 

様々なポーズが30秒ごとにランダムに表示されるのをスケッチするというものです。

絵描きの初心者と継続的に描き続けるのが苦手な人は向いてないかもしれません。

 

これをすることで得られるのは、短時間で描くことで形を頭になんとなく入れる事とポーズを描きだすための能力をあげるためにするものといった所でしょうか。

 

大体30秒×10体の5分するのがオススメです。気分が乗ってるなら10分ぐらいやってもいいかもしれません。

 

30秒ドローイングをしている間は頭を空っぽにして何も考えずに描くことが大事です。

 

あとちょっとしたコツが何個かあります。

 

・手や足など細かい所は描き込みすぎず、まずは全体を描くことに専念する。

30秒といった短い時間で細かい所を描いているとすぐに時間切れになります。そしてこの訓練の意味は全体の形をすぐに描けるようになるためです。

アタリでもいいので全身を描くことを意識しましょう。

 

・30秒で全体を描けないなら時間を60秒など長くする。

30秒で描けないようなら45秒…60秒と長くしましょう。

まずは全体を描けるようにならないと意味がないので。

 

・作業用BGMは日本語の歌は避けて、洋楽や歌のない曲などにする。

頭を空っぽにするために日本語の歌だと歌いたくなったりして描くのに邪魔になるからです(笑)

何も聞かないのがベストだと思いますが、自分は気分を乗らせるためにノリノリの曲やゲームのサントラを聞きながらやってます。

 

・たまに5分ぐらい時間をかけて一つのポーズを描く。

30秒×10体の5分を描き終えて余裕があるなら5分ほど時間をかけて一つのポーズを描いてみましょう。

30秒ドローイングをやる前よりもなんとなくかけてると思います。

それを確認するとともに細かい部分も描き込むことにより全体の画力を上げる事にもつながります。

www.posemaniacs.com

じっくり書く場合はランダムポーズがオススメです。

 

・体のパーツごとに大体の形をとる。

これが早く描くコツだと思います。

初めから腕などの形や流れを描くのは厳しいと思いますので、棒人間を描いてみたり楕円でボリュームだけ把握するようにする等大体の形をとるようにしましょう。

 

といった所でしょうか。

 

あと自分は30秒ドローイングを2.3年分ほどやってるのですが、効果はある程度あったものの途中で慣れてしまって作業と化した気がします。

なので作業をする前の準備体操としてやっていることが多いです。

 

短時間で毎日紙に描いてると1年分だと結構な厚さになるので練習しているのを実感できるので紙に描くのは割とおすすめです。

あとボールペンなど描き直しできないもので描くのも迷い線が減るので良いですよ。